ブログ

種類多すぎ!給湯器の種類を徹底解説!

ブログ 給湯器 2021.02.01

給湯器は機能の組み合わせで商品ができている


給湯器はごちゃごちゃした品番や号数やオートやフルオート、エコジョーズや熱源機付きなど専門的な名前ばかりがついてよくわからないなと思っていませんか?
しかしながら、給湯器はそれぞれの機能の組み合わせがあるだけなので、どのような機能があるかを理解するだけでどの商品を選べばいいのか明確になると思います。

・「エコジョーズ」と「従来型」

現在の給湯器を大きく二つに分けると「エコキュート」と「従来型」の二つに分類されます。

 

最初に結論を言ってしまうと、条件的に「エコジョーズ」をつけられる場合は迷わずエコジョーズを選択することをお勧めします!

 

理由はエコジョーズと従来型の差額分は光熱費コストの差額で2年もあれば十分に回収できてしまうほどガス代を節約することができるからです。給湯器の交換目安は10年で設定されていることが多いので従来型を選択してしまうとエコジョーズを選んでいた場合と比べて約18万円もガス代を払うことになるので給湯器が交換できてしまうほどの金額になります。

●年間給湯負荷18.3GJ(給湯16.6GJ、おいだき1.7GJ)平成28年省エネルギー基準に準拠した「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)Ver.2.3.1」による
●ガス料金/LPガス:5.1円/MJ(日本ガス石油機器工業会が定めるガス料金の目安より) 石油情報センター平成27年度月次平均価格(50m3)データの単純平均より算出
●当社従来品RUF-V2400AWとの比較
●エコジョーズを設置の際には、ドレン配管工事が必要となります

 

エコジョーズを選ぶ前の注意点

エコジョーズは排気熱を使って給湯器内で熱交換を行うため、水となった水蒸気を排水する必要があります。そのため従来型とは違い排水ドレンの設置が必要となります。戸建では雨水の雨樋などと接続するなどで対策が取れますがマンションなどでは排水することができないためエコジョーズが設置できないことがあります。

・給湯器の種類は大きく3種類

一般的の住宅で使われている給湯器は大きく分けると3つの種類に分類することができます。

 

1つ目は「ガス給湯専用機」です。名前の通り、給湯を専門とする給湯器で風呂、キッチン、洗面化粧室など家の水道に湯を供給します。一般的に循環させることを考えていないので一方通行での供給となり「追い炊き」はできません。
給湯専用機がついている場合には洗い場だけでなく浴槽側にも蛇口がついていることが多くみられます。一般的に自動湯はりができないと誤解されがちですが、追い炊きはできませんが自動湯はりができるタイプもあります。

 

2つ目は「ガスふろ給湯器」です。この形が現在では最もポピュラーな形であり住宅についている半数以上はこの給湯器がついています。特徴は給湯はもちろん、水を循環させることで追い炊きをすることができます。今使っているお風呂が追い炊きができるようでしたら循環ができるこのタイプを選ぶ必要があります。

 

3つ目は「ガス給湯暖房用熱源機」です。通常のガスふろ給湯器に暖房用の機能がプラスされた種類です。ガスを使った床暖房やガスの浴室暖房乾燥機などがある場合はこのタイプを選ぶ必要があります。通常キャンペーン価格などで出ているものはガスふろ給湯器のため、それくらいの価格で交換できると思っていたら1暖房用熱源機が必要で10万円ほど高くなってしまったというケースも見られます。

・号数は家族の人数を目安に決める

給湯器が供給できるお湯の量は「号数」という単位で表されます。一般家庭で使われる号数は4つに分かれており、「10号」「16号」「20号」「24号」であることがほとんどです。号数は水温+25度のお湯が1分間に出る量(L)が数字の目安になり、一分間に20Lのお湯をだれるものが20号ということになります。

 

 

号数のポイントは「同時にどれだけのお湯が必要な生活をしているか」です。例えば一人暮らしでは16号の給湯器があれば十分とされていますが、毎日お風呂のお湯をためている間にキッチンで洗い物をする習慣がある場合には一人暮らしであっても20号の給湯器があった方がいいでしょうし、二人暮らしでも同時にお湯を使うことが少ないのであれば16号でも十分な場合もあります。

 

 

私たちは余裕があれば24号の給湯器、少なくとも20号の給湯器をつけることをお勧めしています。

 

 

大は小を兼ねるとよく言いますが、給湯器はまさにその通りです。サイズが大きくても固定維持費が大きくなることはなく、一番のネックである本体価格も20号から24号にしても1万円くらいの違いしかありません。しかし、いざ使ってみてお湯の量が足りないとなったときには交換の場合は再度本体代金と交換工事費がかかりますし壊れるまでは我慢しようと思っても給湯器は10年ほどは壊れないことがほとんどです。もう一つ大きなものにしておけばよかったという後悔の声はよく聞きますが、小さくすればよかったという話は聞いたことがありません。

・結局オートとフルオートはどっちがいいの?

給湯器を選ぶうえで一番よく聞かれるのは「結局フルオートとオートって何が違うの?どっちにすればいいの?」ということです。

 

ここも結論から言うと「オート」があれば困ることがないので「オートを選べば大丈夫」です。

 

標準で必要な機能はすべて「オート」に含まれており、「フルオート」は「オート」に贅沢機能が追加されたものだと考えていただくと分かりやすいと思います。その贅沢機能は大きく3つです。

 

 

 

 

どれもなくても困るものではありませんが、追加機能としてはとても魅力的な性能です。

給湯器はごちゃごちゃした品番や号数やオートやフルオート、エコジョーズや熱源機付きなど専門的な名前ばかりがついてよくわからないなと思っていませんか?
しかしながら、給湯器はそれぞれの機能の組み合わせがあるだけなので、どのような機能があるかを理解するだけでどの商品を選べばいいのか明確になると思います。

2021.02.01

ブログ 給湯器

ブログ・給湯器他の最新記事

  • PanasonicリフォームClubについて詳しくご紹介します。

  • 商品のことはもちろん、住まいに役立つコンテンツも充実しています。

  • 事例をたっぷりとご紹介します。部位、予算などの様々な条件で検索できます。

  • パナソニックの住宅健康診断「家検」

  • 住まいのアフターサポートサービス

  • 公式フェイスブックページでも最新の情報を掲載しています

  • 公式インスタグラムで施工例写真や活動をご報告しています!

リフォームのご相談、お見積りなどどんなことでも
お気軽にお問い合わせ下さい。

会社情報

会社情報

PanasonicリフォームClub小川建装株式会社

〒192-0372
東京都八王子市下柚木2-7-9 伊東ビル1F
TEL:042-682-2737 FAX:042-677-0253
フリーダイヤル:0120-972-695

営業時間:9:00~18:00

建設業許可 東京都知事許可(般-29)第129134号
二級建築士事務所登録 東京都知事登録 15547号
宅地建物取引業者 東京都知事(1)第100603号


メール:info.prc@ogaken.co.jp
オガケンの塗り替えリフォーム:https://ogaken.co.jp/

地図・アクセス